LINE既読スルーの問題点

LINEメッセージ機能で人間関係が悪くなる

LINEで送られてきたメッセージを開くことで自動的に付く既読マーク。既読マークがあるため、メッセージを送った相手にも読まれたか読まれていないのかが分かる。これが厄介な機能なのです。

 

こちらのカテゴリーでは、LINEの特徴のひとつである既読機能による様々な問題点と解決策を紹介しておりますので、より良いコミュニケーション作りのお役に立ててください。

 

 

 

既読スルー(KS)とは?

 

既読スルーとは、送られてきたメッセージを開かずに放置しておく状態のこと。

 

前述したように既読機能というのは、送ったメッセージを読んだかどうかがわかる機能であるため、何らかの連絡手段としてメッセージが読まれたかどうかを確認したり、送った相手の安否を確認するうえでも便利な機能です。

 

しかしながら、毎日が忙しい人、返信するのが面倒な人、メッセージが多すぎる人、送ってきた相手との関わりを嫌っている人などにとっては厄介な機能なのです。

 

LINEを使い始めの頃はメッセージが来るのを楽しみにして、既読スルーなんてことはなかったのではないでしょうか。使い慣れてメッセージが多くなるにつれて既読スルー状態になる人も多いですね。

 

LINEメッセージ機能で人間関係が悪くなることを頭に入れておきましょう。

 

 

既読スルーの解決策は未読放置(MH)!?

 

未読放置とは、既読マークを付けずに放っておく状態のこと。

 

今では、既読をつけずにLINEメッセージが見れるアプリが登場したことで、既読スルーで相手を完全に無視するような状態を避けることをできるようになりました。

 

そのアプリによって、既読マークを付けずに放っておく未読放置ができるようになったのです。要はメッセージを見て、大切だと思う相手にだけ返信するといったことが出来るというわけです。

 

さらに分かりやすく言うと、メッセージを読んだくせに返信しないなんて、なんて奴だ!という最悪の状況からは脱出できるということ。

 

未読放置アプリによって既読スルー問題が解決されたということではないのですが、既読をつけずに内容だけ読みたい場合には重宝しますね。

 

 

既読スルートラブルの解決策としては、自分は返事が遅いとか、ゆっくりメッセージを読む派だとか、LINEを開始するとき最初に断わっておくべきですね。

 

今現在トラブっている方は、アプリを使うなり、忙しくなってあまり返事できないとか正直に伝えたほうが良いでしょう。

 

 

あなたもそろそろLINE疲れでは?

 

LINEは便利だからこそ使っていくうちにオーバーペースとなりやすいのが現状です。いったん落ち着いてスローペースで使ってみてはいかがでしょう。

 

あの人のタイムラインは見たくない・・・
そんなときにはSNS断捨離!しかし、その相手を友達から外したりフォローを外してしまうと相手にそのことが分かってしまい、トラブルやストレスの原因にもなりかねません。

 

そこで重宝するのがフォローは外さずミュート(投稿非表示)の機能を使うのです。
LINEの場合には、ミュートしたい相手の投稿の右端にある↓のようなボタンをクリックすると「この投稿者の投稿を非表示」という表示が出ますので、そこをクリックすればミュート完了。相手に知られずタイムライン非表示実現です。