Facebookの悪用事例

知っておきたいフェイスブックの危険性

数あるSNSサービスの中で唯一、個人情報を記載しないと利用できないのがFacebook。したがって、万が一個人情報が流出してしまえば取り返しのつかないことになりかねません。そこで、ご覧のカテゴリーでは、Facebookの悪用事例と危険性を指摘しておりますので、現在利用なさっている方も、これから利用しようと思っておられる方々も、知っておいたほうが良いかと思います。

 

 

 

Facebookの悪用事例

(下記の悪用事例は過去実際にあった事例です)

  • Facebook乗っ取り
  • 有名人や芸能人のなりすましによる詐欺
  • 個人情報を流出させる行為
  • 位置情報を流出させる行為
  • 友達情報を流出させる行為
  • 写真をネット上にばら撒く行為
  • スパム行為
  • 誹謗中傷行為
  • 自宅への嫌がらせ行為
  • 勤務先への嫌がらせ行為
  • ストーカー行為
  • ストーカー殺人
  • 援助交際に利用
  • 友達のフリをして詐欺を働く行為
  • 詐欺サイトへの誘導行為
  • ウイルスサイトへの誘導行為
  • プライバシー情報の流出行為
  • クレジットカードの不正利用

上記に挙げた悪用事例は大まかなカテゴリーで、細分化すると途方もない悪用事例があるのです。ネット上でも噂されていますが、SNSサービスの中で一番気を付けないといけないのが、フェイスブックだと言っても過言ではないでしょう。使うと何かと便利なSNSなのですが、実名登録であることの危険性を十分承知の上で利用なさってください。

 

Facebookの危険性
  • モバイル&スマホ利用のセキュリティ機能に問題点
  • Yahoo!やGoogleの検索でプロフィールが丸見え
  • フェイスブックへの書き込みから住所や勤務先を特定
  • アプリの利用で友達のプロフィールも丸裸に
  • 就職活動に不利益となることも
  • フェイスブックのアップロードしている写真を全てばら撒き
  • フェイスブック情報は全て米国CIAの監視下にある
  • 各国の政府に情報が全て開示されている

上記の危険性をご覧になって「えっ?」と思われた方も少なくないでしょう。

 

インターネットの各サイトのURLは、なぜ全世界共通「http://」から始まっていると思いますか?理由は差し控えますが、フェイスブックだけではなく、他のSNSでも検索サイトなど、どのようなサイトでも危険が付きまとうということを念頭に置いてSNSライフを楽しんでください。

 

しかしながら・・・
※上手に利用すれば、こんなに使えるSNSは他にないです!!

 

見たくない投稿をアップする相手やウザい相手への対処は?
SNS断捨離(フォロー外しやアカウント削除)を行うといいですけど、その行為は最終手段。見たくない投稿をアップする相手やウザい相手のフォローをやめると、相手にそのことが分かってしまい、トラブルやストレスの原因にも。

 

そこで活用するのが、ミュート機能!!
ミュート機能を使うことで嫌な相手の投稿が表示されなくなります。
Facebookの場合は、ミュートしたい人のページのトップ画面にいき、フォロー中と表示がある部分の↓が表示されているところをクリックすると「○○のフォローをやめる」という表示があるのでそこをクリックするとミュート完了です!

 

利用者増大で大人気!!

恋人探しの人気SNSランキングをこちらのページにて公開しております!